« 短歌二十六 | トップページ | 本当に秘密の日記 »

短歌二十七

Photo

|

« 短歌二十六 | トップページ | 本当に秘密の日記 »

短歌」カテゴリの記事

コメント

てっきり崖だと思ってました^^;
まさか大きな岩だったとは、、@@

僕も初めて、実家を離れて住み初めた時は、
色んな風景を見る度に無性に故郷を懐かしく感じました。。

投稿: ボブ | 2008年11月15日 (土) 00時39分

ボブ様heart04
確かに崖に見えますね(笑)
自分は知った風景だから、
あっさりあの部分だけ切り取っちゃいましたけど(*^m^)

「懐かしい」って、
大人になった自分だからこそ分かる感情なのかなぁって思います。

投稿: オリンパ子 | 2008年11月15日 (土) 01時00分

こんにちはhappy01

本当だ~、ゆっくり時間が流れていそうな写真ですねshine
最初、「あれ?うちの近所?」と思いましたw
自分が重ねてきた人やモノとの出会いが、
何を懐かしいと感じさせるのか決めるんでしょうねcatface
だからこそ、大人になって分かる感情なのかも、と私も思いましたhappy01
懐かしさ=過去の自分との出会いな気がします。

投稿: ユカ | 2008年11月16日 (日) 14時12分

うん なんだか懐かしい感じ♪
昔のお家は 軒下があったもん。
木の椅子も 小学校のイスみたいで~。
何年生までか忘れたけど
木の椅子だたな~(笑)
歳がバレちゃう。

投稿: momoka | 2008年11月16日 (日) 17時14分

ユカ様heart04
懐かしさは過去の自分との出会い・・・
うんうん、そうですね( ^ω^ )
ここは愛媛県の内子という所で
白壁の町並みがとても美しい場所なんですよ。
気付けば何時間も写真を撮りまくってました。

投稿: オリンパ子 | 2008年11月16日 (日) 17時40分

momoka様heart04
私も木の椅子の記憶が・・・(*´v゚*)ゞ
小学校は床も木で
天井からはキノコが生えてましたもん(笑)
教室の独特の匂いを思い出しましたconfident

投稿: オリンパ子 | 2008年11月16日 (日) 17時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1062164/25322820

この記事へのトラックバック一覧です: 短歌二十七:

« 短歌二十六 | トップページ | 本当に秘密の日記 »